印章とは何か

 

印章とは自己の所有や権利などを表すもののことであり、信頼を証明する為に使われます。 当サイトでは印章に関する基本的な知識を伝えるようにし、その後で印鑑との違いと保管方法についてご紹介します。 印章には個人用と法人用の2種類があり、目的に応じたものを作ってもらわなくてはいけません。 個人用として使われる印章は住民登録した市町村役場で作られるものとなっていて、手続きに従って作られるのが特徴です。 このような印章に関する種類をまとめると銀行印・認印・会社銀行印・角印と様々なものがありますから、それぞれの役割を事前に理解することは大切です。

銀行印は主に口座開設時に使う印章のことであり、認印は宅配物を受け取る際に使用されます。 会社銀行印は小切手や手形といったものに使うものとなっていて、法人側は頻繁に使うのが特徴です。 最後に角印ですがこちらは契約書や領収書に社名を添えて使われることが多い印章であり、会社を運営する上で欠かせない道具だと言えます。

印章にはこのような特徴がありますが分からない点に関しては役所や専門店が教えてくれるので、理解出来ない部分がある時は直接問合わせて下さい。 お店に通うことで質問出来ますし、電話連絡を入れることでも問い合わせられる為事情で行けない方であっても問題はありません。 印章は法的効力を持つ道具ですから使い方を間違うと後々でトラブルが起きるので、このような点に注意して使いましょう。

[注目サイト]
水晶や石英で作られた印鑑なども取り扱っている印鑑専門の通販サイトです・・・印鑑

Copyright © 2014 印章の使用方法 All Rights Reserved.